夢がいっぱいクルマ生活

衝撃吸収の仕組み

衝撃吸収の仕組み

衝撃吸収の仕組み プロテクションフィルムは非常に高い柔軟性と透明度を両立した高透過高分子ポリウレタンを使用し、厚さは一般的なウィンドフィルムの数倍となっており、その基材に優れた衝撃吸収性能を備えている特殊粘着層を組み合わせることによって優れた衝撃吸収性能を実現しています。
保護性能は高速道路などでの走行で起こる飛び石による塗装の剥がれや小さなへこみ、一般的な擦り傷や引っ掻き傷からボディを守ることができるので、非常に重宝するアイテムといえますフィルムの厚さは食品用サランラップの15倍にもなる約150ミクロンで、150ミクロンの厚さと柔軟性を持ったフィルムとなっているので、愛車に降りかかるさまざまな汚れや傷などのトラブルを未然に防ぐことができます。さらにプロテクションフィルムは高い伸縮性もあり、伸びる縮むの二面性を高いレベルで兼ね備えているので、これまで不可能だとされていた複雑な形状のドアノブやヘッドライト、バンパーなどの三次曲面にも施工が可能となっています。

データを用いてカットするプロテクションフィルム

データを用いてカットするプロテクションフィルム プロテクションフィルムを貼り付ける場合は、車体にしっかりと合わせなければなりません。そのため全面に貼るとしても、ボンネットやライトなどのパーツごとに分けるのが基本です。そして貼り合わせた後に縁部分を手作業でカットしていくものひとつの方法ですが、あくまでも人が行うため精度にバラつきが出やすいです。しかしデータを用いてあらかじめカットされているものを使用すると、その問題を改善できる可能性が出てきます。
基本的には車体をスキャンして取り込んだ内容を元に、カットを行うのは精密な機械です。したがって後は貼り付けを行う施工者がしっかりした技術を持っていれば、ボディの一部のような見た目になるでしょう。また縁部分であっても、癖がなく安定感のある仕上がりが期待できるはずです。
ただ機械でカットされたプロテクションフィルムが全て細かな単位で精密だというわけではなく、それは元となるデータにかかってきます。なので機械だからといって信じ切ってしまわずに、事前の確認は必要です。

Copyright © 2020 夢がいっぱいクルマ生活 All Rights Reserved.